トップ > 静岡 > 高校・大学周年特集 > 浜商野球 栄光の80年史 > 記事

ここから本文

浜商野球 栄光の80年史

春の旋風 中部大会制す 昭和35年

昭和35年当時の部員たち

写真

 前年の秋季大会で浜商は西部地区予選準決勝で敗退。県大会にも進めなかったが、この年の春には大きく変身した。

 西部地区予選初戦の2回戦、興誠商戦で浜商旋風の予感は生まれた。13−4と大勝し、準々決勝、準決勝も完封勝ち。決勝も猛打で浜松工を10−1と圧倒した。

 県大会でも浜商の勢いは止まらない。1回戦で沼津東に5−4で勝つと、準決勝で静岡を6−1で下し、決勝では静岡商を5−1と敵なし。中部地区大会でも順調に勝ち上がり、決勝では中京商(愛知)相手に1−0で勝ち、春季中部地区大会初優勝。猛打での圧勝と、打てないときも競り勝てる手堅さ。確かな地力を感じさせた春の浜商だった。

 大石利昭(昭36卒)=袋井市深見=は「練習時間が長く大変だった」。伊藤公一(同)=浜松市初生町=も「真夏の中田島での練習はつらかった」。部員が苦しい練習を乗り越えてつかんだ春季中部大会制覇だった。

 第1シードで迎えた夏の大会も浜商は強かった。3回戦で伊東を7−0と一蹴して迎えた準々決勝の清水商戦。浜商は九回、6−2でリード。誰もが浜商の決勝進出を疑わなかった。

 しかし、ここで勝利の女神は浜商に背を向ける。フライが野手の間に落ちたり、何でもない内野ゴロがイレギュラー。7−8で清水商に勝利をさらわれた。「県大会第1シードは優勝できないジンクスだと思った」。高塚禎一郎(同)=磐田市中町=は振り返る。

 浜商が姿を消した夏の県大会では静岡が優勝。静岡は甲子園で決勝まで進み法政二(神奈川)に敗れたが準優勝、県内ファンを歓喜させる。一方、浜商の新チームは秋の県大会を制覇。翌年の夏に向け確かな足跡を刻んだ。 

 ▽昭和36年度卒業生=塩崎暢久、佐藤健二郎、柴田雅史、高井光敏、高塚禎一郎、船田和英、宮川隆之、森田民雄、中本浩章、野末泉、池谷昌明、鈴木法好、伊藤公一、大石利昭、玉谷功、山崎克弥、河合明男

文中敬称略

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索