トップ > 静岡 > 高校・大学周年特集 > 浜商野球 栄光の80年史 > 記事

ここから本文

浜商野球 栄光の80年史

雪辱期した夏 8強で涙 昭和34年

昭和34年当時の部員たち

写真

 前年秋の県大会で3位になった浜商だったが、この年の春季大会は西部予選準決勝で敗退。部員らは夏の大会での雪辱を誓って練習に励んだ。

 匂坂峯生(昭35卒)=磐田市国府台=が「急な坂道でのダッシュやうさぎ跳びなど、毎日がきつかった」と振り返る冬季練習。苦しさを乗り越えた部員たちは、見違えるほどたくましくなって夏に臨んだ。

 夏の大会1回戦では高柳稔(同)=愛知県刈谷市=が自慢の足を披露。ベース一周15秒という俊足で1試合6盗塁。静岡農に4−0と快勝する。2回戦で三島を10−0で下すと、3回戦では沼津商に6−2で勝利。準々決勝では静岡商と対戦するが0−3で敗退した。

 金原市衛(同)=磐田市七軒町=は「入学したときは先輩との体格の差が大きく、練習についていけるか心配したが、3年の夏には一番打者に起用された。静岡商に負けたときは、これで高校野球生活が終わったなと思うと残念だったよ」。この無念さをバネに金原は卒業後、スポーツ少年団「中泉クラブ」で監督などを務め、5人の甲子園球児を育てる。

 俊足の高柳は湖西からの長時間の通学、ボール縫いといった雑用などをこなしながら厳しい練習に取り組んだが「浜名湖での遊びなど楽しいことも多かった」。高柳は卒業後、豊田自動織機に入社。同社にはその後、浜商野球部から合わせて7人が入り、軟式野球部でプレーを楽しんだ。

 高柳らは野球を離れた後も家族ぐるみで旅行するなど交流を続けた。浜商で野球だけでなく、かけがえのない交友関係も養った部員たちにとって、敗戦の悔しさなどはささいなことだった。 

 ▽昭和35年度卒業生=鈴木力夫、金原市衛、高柳稔、梶村勝英、内山博之、中村研一、匂坂峯生、森島英之、岡田博之、清水由雄、鈴木茂元

文中敬称略

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索