トップ > 静岡 > 高校・大学周年特集 > 浜商野球 栄光の80年史 > 記事

ここから本文

浜商野球 栄光の80年史

甲子園目前 静高に惜敗 昭和33年

昭和33年当時の部員たち

写真

 ここ数年、夏の大会で目立った成績を残せなかった浜商野球部。しかし、この年は久しぶりに熱い夏を迎える。

 浜商は前年の秋季大会で県大会1回戦敗退、この年の春季大会は西部予選敗退と散々だった。しかし、その苦戦を良薬に夏の大会で浜商は成長の跡を見せる。

 1回戦で浜商は投手の伊藤茂(昭34卒)=天竜市山東=が肩痛に耐えて力投し、気賀に5−1と快勝。2回戦では天竜林業に6−0で勝ち、3回戦では春季西部地区大会1位の興誠に10−0と圧勝。準々決勝でも静岡市立を4−0と圧倒し4強入り。1950(昭和25)年以来、8年ぶりの夏の甲子園が見え始めた。

 「甲子園まであと2勝」。はやる気持ちの部員は準決勝で静岡と対戦。浜商は五回までに4点をリードされたが、徐々にばん回し七回には1点差。さらに二塁に進んだ主将の浅井英夫(同)=静岡市瀬名川=が果敢に本塁を突くが、スパイクの歯が捕手に向けられた危険プレーとされ、試合は一時中断。これで流れが変わり4−5で試合終了。浜商の夏は終わった。

 「夏の中田島砂丘での苦しい練習は忘れない」と片桐正二郎(同)=掛川市青葉台。土屋賢一郎(同)=浜松市広沢=は「懸命に練習した。甲子園一歩手前で敗れたが、悔しさはなかった」と振り返り、控えだった池田充義(同)=同市笠井町=も「レギュラーにはなれなかったが、浜商で努力の大切さを教えられた」。甲子園は逃したが、部員たちは完全燃焼。マネジャーだった飯田健一郎(同)=同市大山町=は卒業後も野球部のバックアップに力を尽くし、野球部の話題を載せた「闘魂ニュース」を発刊している。

 ▽昭和34年度卒業生=飯田健一郎、池田充義、大野木定行、北島伸和、滝田巌、土屋賢一郎、三浦和夫、菅沼辰夫、浅井英夫、若尾祐二、片桐正二郎、山本節夫、鈴木紀男、伊藤茂、松山芳明

文中敬称略

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索