トップ > 静岡 > 高校・大学周年特集 > 浜商野球 栄光の80年史 > 記事

ここから本文

浜商野球 栄光の80年史

中部大会敗退 苦い思い出 昭和38年

昭和38年当時の部員たち

写真

 この年のチームは前年の秋の県大会で優勝したが、中部地区大会は1回戦で敗退。春季大会も西部予選3回戦で浜松工に苦杯を喫した。部員たちは確かな手ごたえをつかみながらも、悔しさをばねに練習に明け暮れた。

 意気込んで臨んだ夏の県大会だったが、浜商はいきなりショックに襲われた。1回戦の相手は春季大会東部地区予選2位の沼津東。浜商は1点を争う接戦の末、7−8で敗れ、初戦で姿を消した。浜商にとって1949(昭和24)年以来の夏の県大会1回戦敗退。部員たちは声を失った。

 「夏の大会はあっという間だった」と石塚恵章(昭39卒)=東京都杉並区。それだけに部員にとっては2年の秋季中部地区大会が忘れられない。

 石塚は「中部大会で勝っていれば甲子園。一番悔しい思い出」。秋季県大会決勝で逆転の足がかりをつくった山本毅利(同)=浜松市福島町=も「県大会優勝で甲子園の夢が広がったのに、実現できず残念だった」と振り返る。

 2年で中部大会に出場したため、3年生は日程が重なった修学旅行参加をあきらめた。杉本正義(同)=細江町気賀=は「修学旅行に行かずに練習したのに…。甲子園出場を目指していた中部地区大会は忘れられない」。張間正勝(同)=浜松市大人見町=、佃靖之(同)=同市貴平町=も「悔いは中部大会1回戦負け」と口をそろえる。

 そんな先輩の思いを胸に、新チームはこの年の秋季大会で健闘する。県大会決勝で興誠商に5−0で勝ち2年連続県大会制覇。先輩が1回戦で敗れた中部大会では中京商(愛知)、三重を連破。決勝で東邦(愛知)に敗れたものの、先輩が果たせなかった選抜切符を手にした。 

 ▽昭和39年度卒業生=石塚恵章、木村博司、須山和行、杉本正義、楠敏史、高橋真利、佃靖之、古川彰、木下勉、福田忍、山本毅利、中尾康雄、小池威、張間正勝

文中敬称略

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索