トップ > 静岡 > 高校・大学周年特集 > 浜商野球 栄光の80年史 > 記事

ここから本文

浜商野球 栄光の80年史

粘りで中部大会初制覇 昭和30年

昭和30年当時の部員たち

写真

 この年、浜商は前年の選抜甲子園出場校として各校のマークを受け、苦戦を強いられた。

 春の県大会では準優勝し中部地区大会に臨むが、中京商(愛知)に3−4で競り負け。夏の大会では3回戦で浜名に1−6で敗れ、早々と前年に続く甲子園出場を逃した。

 佐藤礼司(昭31卒)は「県内の高校野球レベルは上がっていた。選抜甲子園出場校でも油断できないと分かっていたつもりだが、心配が的中してしまった」と振り返り、投手だった伊藤博元(同)=東京都新宿区若松町=は「夏はシード校でありながらの敗退。悔しかった」。前年の選抜甲子園に先発出場した山下兼生(同)は「負けたときはこれで終わったなという気持ち。次は2年生たちに頑張ってほしいと思った」と後輩に思いを託した。

 山下の思い通り3年生の悔しさは後輩に受け継がれ、この年の秋季大会で成果を見せる。甲子園にも出場していた浜商野球部がそれまで果たせなかった悲願「中部地区大会優勝」を新チームが達成した。

 当時の中部地区は強豪がひしめき、1954(昭和29)年の夏の甲子園では中京商(愛知)が優勝し静岡商が準優勝。55年夏には四日市(三重)が全国制覇するなどレベルは高く、浜商の中部地区制覇はいつも阻まれてきた。

 秋の県大会で浜商は準優勝し中部地区大会に進出した。

 1回戦で多治見工(岐阜)に4−3とサヨナラ勝ちし、準決勝では豊川(愛知)に2−1で競り勝った。岐阜商との決勝は八回を終わって7−7で日没再試合になった後、再試合で浜商が5−4で勝利。3年生の悔しさを粘りに変えた後輩たちは、中部大会初優勝を果たすとともに翌春の選抜甲子園出場を確実にした。

 ▽昭和31年度卒業生=伊藤博元、佐藤礼司、山下兼生、山本保、横井啓人、渡辺巌、堀内正

文中敬称略

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索