トップ > 静岡 > 高校・大学周年特集 > 浜商野球 栄光の80年史 > 記事

ここから本文

浜商野球 栄光の80年史

1967年夏 快進撃で甲子園へ 昭和42年−44年

昭和42年の夏の甲子園に出場、入場行進する部員たち

写真

 前年まで2年続けて夏の静岡大会準決勝で涙をのんだ浜商。その無念さは1967年、晴らされる。

 春は県大会に進めなかった浜商だが、夏は快進撃。初戦で浜松北に2−1で競り勝つと、準々決勝で昨年、苦杯を喫した掛川西に4−2。決勝では清水東を1−0で下した。

 甲子園初戦の対戦相手は、4年前の選抜甲子園で延長の末敗れた土佐(高知)。試合は前回同様、前半から一進一退。浜商は1点を失った直後の七回裏、2点を返し逆転。だが九回に1点を失い、延長十一回に4点を奪われ雪辱はならなかった。

 「甲子園では開幕日の試合でナイター。ヒットを打って盗塁も成功。いい思い出」と原田義久(昭43卒)=浜松市笠井上町。「勝っている場面で登板して負け、つらかった」と九回に登板した加藤三千男(同)=同市上島。先発した吉田茂(同)=引佐町奥山=は「甲子園より、接戦だった静岡大会の1回戦が印象深い」。

 68年の夏の静岡大会。2連覇を目指す浜商の前に立ちはだかったのが、後にプロ野球巨人に入った静岡商の左腕、新浦寿夫。準々決勝で静岡商と当たった浜商は、新浦を攻略できず1−4で敗退。静岡大会を制した静岡商は甲子園でも準優勝。69年も浜商は静岡商と3回戦で対戦し1−2で負け。静岡商は夏2連覇を飾る。

 68年のマウンドを守った鵜原幹夫(昭44卒)=同市萩丘=は「新浦投手から点は取れない。1点勝負だと思った」。69年に出場した中村茂(昭45卒)=同市上島=も「静岡商戦の第1打席は3球三振。静岡商は強かった」。山田正樹(同)=同市長田町=は「2年の秋の県大会で浜松北に負けたとき、根木(康治)監督が怒って試合中にベンチから出ていってしまった」。

 ライバル静岡商との熱戦を支えたOB監督がユニホームを脱ぐ日は近づいていた。 (文中敬称略)

 ▽昭和43年度卒業生=鈴木博史、田中正信、松本保文、山下啓一、鈴木直人、原田義久、松村英司、吉田茂、新貝幹雄、榊原良行、加藤三千男、上村仁郎、松井実、古橋功吉、河本猛志、鈴木儀雄、中川公男

 ▽昭和44年度卒業生=伊藤和廣、甲部勤、杉田茂、深谷和広、村越正、浅野文敏、鵜原幹夫、平井謙至、鈴木政行、原田道夫、中村今治、川合利幸、皆戸中正人、伊藤康秀、坂本忠実

 ▽昭和45年度卒業生=梅原肇、小城敬一、田中完治、田中三雄、二橋良彦、内山憲、河合和秀、白井要、村上重彦、中村茂、山田正樹、増田邦光、田中忠良

文中敬称略

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索