トップ > 静岡 > 高校・大学周年特集 > 浜商野球 栄光の80年史 > 記事

ここから本文

浜商野球 栄光の80年史

2年連続で準決勝の壁 昭和39年−41年

和39年の春の甲子園の土を踏んだ部員たち

写真

 1964年、浜商は甲子園で春を迎えた。初戦の対戦相手は土佐(高知)。浜商は1点を失った直後の三回裏、主戦の高橋俊彦(昭40卒)=千葉市中央区=の適時打などで3点を挙げ逆転。高橋は捕手・神沢和設(同)=浜松市曳馬=のリードで土佐打線を抑えたが、六回に2点を失い同点。延長十回には4点を失い、8年ぶりの選抜甲子園での勝利を逃がした。

 遊撃手として甲子園の土を踏んだ竹上正己(同)=細江町気賀=は「緊張したけれど、ゴロも処理しヒットも打て、満足できた」。神沢も「あこがれの甲子園に出場でき、抽選会の後に食事をごちそうになったのがいい思い出」と目を細める。

 浜商はこの年の夏の静岡大会は8強。翌65年春には県大会で優勝し、中部大会決勝でも大府(愛知)に延長十一回、2−1でサヨナラ勝ち。夏の大会も準決勝に進み、静岡と対戦する。

 静岡との試合は八回を終わって4−4。勝負がかかった九回。思わぬ悪夢が浜商を襲う。満塁で転がったゴロを内野手がトンネル。この回4点を奪われ浜商の夏は終わった。

 松下克幸(昭41卒)=浜松市八幡町=は「甲子園が遠くなったと思ったら太陽がまぶしかった」。鈴木進一郎(同)=静岡市青木=は「走者一掃の瞬間は今でも忘れられない」と唇をかむ。

 66年の夏の大会でも浜商は準決勝に進出。掛川西と戦った。試合は七回まで0−0。しかし浜商は八回に2点を失い、九回にはだめ押しの3点を奪われた。

 大川信行(昭42卒)=浜松市佐鳴台=は「最初の打席でヒットを打ったが、後はフォークボールに圧倒された」。優勝まであと一歩と迫っての敗退。同じ悔しさを続けて味わった皮肉な2年間だった。

 ▽昭和40年度卒業生=安間恒夫、大村義行、加藤義弘、竹上正己、高塚佳孝、高井克昌、名倉順二、佐野隆司、池谷敏昭、神沢和設、高橋俊彦、本間憲之輔、金原直哉、上村晋一郎、小林豊

 ▽昭和41年度卒業生=内山伸幸、大貫満、鈴木勝、森島定雄、和久田皓一郎、長瀬昌祐、松下克幸、松下雅則、鈴木久義、平松正治、鈴木進一郎、杉山博、野嶋和寿

 ▽昭和42年度卒業生=内山敏朗、大川信行、杉田久雄、土井啓三、山崎庸一、森下仙二、鈴木義勝、中村幸央、野田邦男、高橋和雄、千葉雅行

文中敬称略

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索