トップ > 静岡 > 高校・大学周年特集 > 浜商野球 栄光の80年史 > 記事

ここから本文

浜商野球 栄光の80年史

甲子園準々決勝で歴史的大敗 昭和54―55年

昭和55年の夏の甲子園で整列する部員たち

写真

  1978年から79年にかけての県選抜チームフィリピン遠征に、浜商からは磯部監督と樽井徹(昭55卒)=細江町三和=、外山浩美(同)=同町気賀=、中山剛(同)=浜松市和合町=の3選手が参加した。樽井−外山のバッテリーは3試合で2勝1分け。「練習でいつも監督に怒られていた」という中山も二塁打を放つなど活躍した。

 79年の夏の静岡大会で浜商は3回戦敗退。秋に生まれた新チームも春まで力を出し切れない。だが、佐藤正勝(昭56卒)=浜松市鴨江=が「春季県大会1回戦で負けて学校に帰ったらランニングが待っていた」と振り返る猛練習で、浜商は夏に向けて力を蓄える。

 翌80年の静岡大会では初戦の2回戦から危なげない試合を見せ、準決勝で三島南に14−4と大勝。決勝では春の県大会の覇者、浜松西と対戦。「浜松西に中学のチームメートがいたので絶対勝ちたかった」と言う藤田信吾(同)=細江町気賀=の気迫の右前打などで4−0と圧倒した。苦しさを乗り越えた優勝に白井義隆(同)=浜北市貴布祢=は「うれし涙が止まらなかった」。

 2年ぶりに土を踏んだ甲子園でも浜商の勢いは止まらない。1回戦で岡山理大付属(岡山)に4−3で競り勝って波に乗ると、2回戦では大分商(大分)に5−3、3回戦では東北(宮城)に6−4で勝ち8強入り。一昨年春の甲子園での活躍を思い出させた。それが、準々決勝の瀬田工(滋賀)戦で部員たちは信じられない体験をする。初回に3点を失ったのが屈辱のプロローグ。その後も毎回のように失点し四回を終わり0−16。六回に反撃し2点を返し九回にも3点を挙げるが、終わってみれば5−20。歴史に残る大敗だった。鈴木圭二(同)=浅羽町浅羽=は「相手の攻撃がいつまでも続き、守っていて眠くなった」。甲子園という晴れ舞台での屈辱的な大敗。しかし、こんな悔しさをばねに部員たちは成長していく。 

 ▽昭和55年度卒業生=川合滝彦、縣孝昭、樽井徹、外山浩美、中山剛、山田忠、宮下剛、袴田謙二、清水万大、竹下亮三、鈴木利明

 ▽昭和56年度卒業生=池田訓久、佐藤正勝、小松直樹、白井義隆、鈴木圭二、田中八郎、豊田竜夫、橋本憲幸、平松理弘、西村茂敏、藤井一弘、藤田信吾、仲田己則、新村孝志、中村亘宏、伊藤匡尚、松本利幸、野沢一暢、山住昌孝

文中敬称略

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索