トップ > 静岡 > 高校・大学周年特集 > 浜商野球 栄光の80年史 > 記事

ここから本文

浜商野球 栄光の80年史

修学旅行もバット持参し練習 昭和48−49年

試合中、磯部監督(中央背中)の指示を聞く昭和49年当時の部員たち

写真

 1972年の秋季県大会で浜商はベスト4。だが翌春は県大会1回戦負けと強さを維持できない。

 内山義久(昭49卒)=浜北市平口=が「思い出に残った」と懐かしむ、全出場校が集う開会式で幕を開けた夏の静岡大会。浜商は1回戦不戦勝後、2回戦は11−6、3回戦も12−2と大勝。それが4回戦では打線が沈黙し、袋井商に1−7と敗れる。

 波のある打線に、練習は守備を重視するようになる。尾上裕之(同)=天竜市横山町=は「ノックの日があり、1日中ノック練習。きつかった」。平田昭夫(同)=引佐町井伊谷=は「正月の中田島砂丘ランニングでは足がけいれんしても走った」。

 この年の秋の大会で県大会に進めなかった浜商だが、冬場の強化が実を結ぶ。74年の春季西部予選では、決勝までの4試合でいずれも7点以上をたたき出す強打で優勝。県大会は2回戦で敗れるが、新チーム発足時のひ弱さはかげを潜めた。

 そして迎えた静岡大会。浜商は順調に勝ち進む。4回戦で清水東に5−0で快勝すると、準々決勝では清水市商と対戦。しかし、またも好調だった打線が沈黙し1−5で敗れる。

 「強くなかったが夏にベスト8まで進め、悔しさと同時に充実感もあった」と田中毅彦(昭50卒)=静岡市清水桜橋町。星井広幸(同)=竜洋町掛塚=は「素晴らしい仲間との出会いが財産」。河合昭吾(同)=浜松市新津町=は「修学旅行はバット持参。夜、スイング練習しましたよ」。厳しい練習で結束を強めた浜商野球部。チームワークを引き継いだ後輩たちは翌年夏、甲子園の歴史に新しい1ページを書き加える。 (文中敬称略)

 ▽昭和49年度卒業生=内山義久、栗原金司、高橋正典、青田正也、爪田雅己、平田朗大、藤田中也、松本文孝、山川建一、天野初郎、尾上裕之、鈴木信夫

 ▽昭和50年度卒業生=伊野瀬広、星井広幸、松本己代二、河合昭吾、鈴木英司、竹内景一、田中毅彦、鈴木国弘、中村武仁、藤田雄一

文中敬称略

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索