トップ > 静岡 > 高校・大学周年特集 > 浜商野球 栄光の80年史 > 記事

ここから本文

浜商野球 栄光の80年史

初戦の相手は強豪PL 昭和60年

昭和60年の選抜甲子園でベンチから声援を送る選手たち

写真

 前年秋の東海大会で準優勝した浜商は1985年、選抜甲子園に出場した。甲子園の初戦の相手は優勝候補、PL学園(大阪)。「KKコンビ」と呼ばれた桑田真澄、清原和博という投打のスターを擁する強豪。部員たちは「相手にとって不足なし」と立ち向かった。

 試合はPL学園が2回に2点を先制。浜商も3回にすかさず1点を返すが、PL学園の猛打は止まらず7回に5失点で1−9。8回にダメ押しの2点を失い1−11と完敗だった。しかし、一方的に負けたものの、部員たちは11安打を放ち自信をつけた。

 鈴木広達(昭61卒)=浜松市有玉台=は「西部から県、東海まで一度も優勝せず甲子園出場。こんなこともあるのかと思った」と感慨深げ。甲子園のマウンドに登った浜崎淳(同)=埼玉県上尾市=も「PL戦は忘れられない思い出」と言う。

 春の甲子園での悔しさを晴らそうと臨んだ夏の静岡大会。浜商は初戦2回戦の静岡工戦では硬さがあり3−1の辛勝だったが、3回戦は磐田商に6−2、4回戦は接戦を勝ち抜いてきた周智に11−0と圧勝。準々決勝に勝ち進んだ。

 しかし、危ないのは大勝の後。4回戦で爆発した打線が静清工相手に沈黙し0−1で敗戦。春夏連続甲子園を逃した。

 「1年のときは床がギシギシと鳴る合宿所でいつも緊張していた」と林将光(同)=浜北市貴布祢。伊藤義朗(同)=浜松市神立町=は「いつもグラウンドにいたような気がする」と振り返り、石牧和晃(同)=名古屋市中村区=は「甲子園という目標に向かって仲間と汗を流したのが財産」。この年、甲子園でPL学園の脇役だった浜商だが、翌年にはPL学園から主役の座を奪い取る。 

 ▽昭和61年度卒業生=鈴木俊夫、中嶋進、斎藤佳之、浜崎淳、加藤幹夫、池谷昌彦、間宮健次、石牧和晃、高柳則之、伊藤義朗、中島和規、林将光、森田憲審、鈴木広達、阿久津博仁、金子竜也、久保田尚宏、滑川秋光、内山克仁

文中敬称略

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索