トップ > 静岡 > 高校・大学周年特集 > 浜商野球 栄光の80年史 > 記事

ここから本文

浜商野球 栄光の80年史

強打と粘りの本領発揮 昭和58-59年

昭和59年夏の甲子園に出場した部員たち

写真

 県大会でもなかなか勝てなかったシーズンの後、浜商野球部は1983年、復調の兆しを見せる。春季県大会で準優勝し、東海大会出場。1回戦で岐阜第一に敗れるが、部員は実戦を通して成長する。

 真価が問われた夏の静岡大会で、浜商は強力な攻撃力を見せる。初戦の2回戦で島田工に7−0で勝つと、3回戦は掛川工に8−1。4回戦で榛原を10−3と圧倒し、準々決勝で橘を7−1。強打の浜商に敵なしと思えた。

 しかし準決勝では東海大一に8−3と完敗する。快進撃を支えた強打を東海大一に奪われての敗戦。「東海大一戦では何をやっても空回り。負けるときはこうなのかと思った」と藤城太郎(昭59卒)=浜松市新都田=は回想する。

 翌84年、夏の静岡大会で浜商は危なげなく勝ち進み、準決勝の静清工戦では九回表に2点を先制。その裏二死満塁で、マウンドの田中宗幸(昭60卒)=滋賀県大津市=が「痛恨のミス」と悔やむ連続押し出し四死球で同点とされるが、延長十回に3点を奪って勝利。決勝では前年の準決勝で敗れた東海大一に主導権を渡さず4−1。6度目の優勝で4年ぶりの甲子園行きを決めた。

 甲子園で浜商は1回戦、智弁学園(奈良)と対戦。三回を終わって0−7だったが、五回に6点を挙げて押せ押せ。6−8で迎えた九回には、この日、本塁打を打っていた内山克仁(同)=細江町中川=の二塁打で逆転。「粘りの浜商」の本領発揮で勢いに乗ったが、2回戦で松山商(愛媛)に0−4で敗れた。

 甲子園を目指し朝から夜まで練習した飯田克久(同)=豊田町下万能=は「明るい時間に家に帰れるだけでうれしかった」。縣俊行(昭59卒)=豊田町池田=は「今の自分をつくったのは浜商での3年間」。7点差をひっくり返した先輩の粘りを引き継いだ後輩たちは、この年の秋季東海大会で準優勝。翌春の選抜甲子園に近づいた。

 ▽昭和59年度卒業生=青野浩幸、青野浩直、西尾昌明、縣俊行、新村和也、田地川智久、大野勝弘、成瀬智秋、尾崎泰弘、下位修二、鈴木勝範、成瀬仁、増田克美、大沢利道、松本直之、山田晴彦、伊藤宏幸、鈴木雅彦、西尾克美、藤城太郎、山本直弘、小林豊右、落合理元、桑原直人

 ▽昭和60年度卒業生=伊井谷俊光、千葉清也、飯田克久、和仁治彦、鈴木真也、白井達也、佐藤信、内山克仁、山本一貴、野島淳、佐野心、田中肇、野中靖浩、矢部文明、河島浩二、遠藤正樹、田中宗幸、鈴木克祥

文中敬称略

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索