トップ > 静岡 > 高校・大学周年特集 > 浜商野球 栄光の80年史 > 記事

ここから本文

浜商野球 栄光の80年史

聖地沸かすサヨナラ本塁打 昭和50−52年

1975年夏の甲子園2回戦でサヨナラ本塁打を放ち、ナインに迎えられる高林選手(中央)

写真

 1974年秋に生まれたチームは強打が自慢だった。春まで力を蓄えた部員は夏の静岡大会で持ち味を発揮する。

 静岡大会で浜商は辛勝が多かった。決勝の静岡学園戦も1点を先行された後、同点に追いつき、延長10回に2点を挙げ振り切った。犬居進(昭51卒)=森町一宮=は「10回に2点が入ったときは裏の守備があるのに甲子園に行けると思って泣けてきた」。エースの鈴木貢(昭52卒)=浜松市天王町=は「決勝が終わったときは優勝のうれしさより明日投げなくていい喜びが大きかった」。

 静岡大会の苦戦は甲子園で報いられる。1回戦、竜ケ崎一(茨城)戦では6回に大量5点を奪い8−4と快勝。2回戦では石川(沖縄)に8回を終わり4−5とリードされていたが、9回裏、高林基久(昭51卒)が大会史上初の逆転サヨナラ本塁打を放ち6−5で勝利。3回戦で天理(奈良)に2−9で敗れたが全国に浜商の名を知らしめた。「練習試合で負けてばかりいたのに甲子園で勝てた。いい思い出です」と山本雅治(同)=引佐町金指。苦戦で培った力を出した活躍だった。

 甲子園を沸かせた浜商だが、翌76年の静岡大会は準々決勝敗退。77年の春の大会で県大会を制し、中部大会4強入りを果たすが、夏の静岡大会は3回戦で敗れた。

 中学からの野球経験者ばかりが集まる野球部のの中、浜商で野球を始めた石田光広(昭52卒)=湖西市太田=は「練習についていくのが精いっぱい。練習試合で打った唯一つのヒットが思い出」。阿部要介(昭53卒)=浜北市宮口=は「春の県大会優勝は格別でした」。甲子園の土は踏めなかった2年間。だが、77年秋の大会で浜商は県大会を制し中部大会準優勝。浜商野球部80年の歴史の中で輝くドラマは翌年春、甲子園で幕を開ける。

 ▽昭和51年度卒業生=飯田訓弘、犬居進、上村敏正、内山貴夫、坂口哲也、牧野利夫、山本雅治、吉田博、門明利昌、斎藤篤、高林基久

 ▽昭和52年度卒業生=鈴木貢、桜井秀己、中嶋信一、山本常義、石田光広、岡一直、青嶋正孝、永嶋利行、服部純司、山崎勝

 ▽昭和53年度卒業生=阿部要介、磯部敏光、大石和宏、太田博隆、田村博一、半田朋久、山本洋士、細田薫、小原正臣、古村文一、袴田敏久、池田祥己、安田純、頼実誠治

文中敬称略

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索