トップ > 静岡 > 高校・大学周年特集 > 浜商野球 栄光の80年史 > 記事

ここから本文

浜商野球 栄光の80年史

県大会で涙、雌伏の2年間 昭和56-57年

昭和57年当時の部員たち

写真

 1981年の春季大会。浜商は西部大会を制して県大会に進むが、初戦で優勝した御殿場西に0−2の完封負けを喫する。

 春の雪辱を期した夏の静岡大会。浜商は順調に勝ち上がるが、準々決勝でノーシードの修善寺工に1−2で敗れる。「早朝のグラウンド整備で一日が始まり、帰りは終電車で帰った。自分でもよく続いたと思う」と成瀬久明(昭57卒)=磐田市二之宮。浜崎修(同)=浜松市遠州浜=は「練習も厳しかったが、1年生の時は練習後の説教が特にきつかった」。

 翌82年。春の大会で県大会にも進めなかった浜商は、夏の静岡大会でも苦戦する。

 磐田商と対戦した1回戦で、浜商は1−2と敗色濃厚のまま終盤へ。ベンチでは部員たちが「1回戦で負けたらどうしよう」と頭を抱えたが、何とか逆転して2回戦へ。

 2回戦では打線が好調で沼津東に7−0と完勝。3回戦では清水東に8−7と競り勝って波に乗るかと思われた。しかし、4回戦で静岡に0−7の七回コールド負け。「最後の試合が終わったと思うと、いい意味で解放感を感じた」。山内健司(昭58卒)=豊田町森下=に悔いはなかった。

 伊藤真徳(同)=磐田市国府台=は「練習では苦しいことばかり。甲子園にも出られず、楽しいことはあまりなかった」。卒業後、少年野球の指導にかかわる石川正喜(昭57卒)=浜北市中瀬=は「ハードな練習ばかり。OBコーチが多く、特に精神面を鍛えられた」。選抜優勝をはじめ浜商の甲子園出場が続いた数年の中で、県大会で涙をのんだ2年間だったが、次の世代につながる雌伏の2年間でもあった。

 ▽昭和57年度卒業生=飯田哲也、伊藤彰彦、小野勝吉、清水章弘、浜崎修、古田高士、三浦浩二、吉田洋一、石川正喜、磯部公明、中山透、成瀬久明、竹内克二、相沢正利

 ▽昭和58年度卒業生=大石直史、大石政雄、大石基裕、山下高弘、岩崎勇、佐藤剛、伊藤真徳、大橋雄一、金山正稔、河島哲也、縣良介、船越直人、古川敏勝、森下茂樹、山内健司、山中健一、山本浩士

文中敬称略

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索