トップ > 静岡 > 高校・大学周年特集 > 浜商野球 栄光の80年史 > 記事

ここから本文

浜商野球 栄光の80年史

厳しい練習に明け暮れる 昭和32年

昭和32年当時の部員たち

写真

 2回の選抜甲子園出場と悲願の中部地区大会制覇。順調に歩んできた浜商野球部だったが、この年は苦しい試合が続いた。

 春の県大会で浜商はいきなりつまずく。西部予選で浜松西に0−2の完封負け。本来なら県の頂点、さらに東海大会目指して熱戦が続くこの時期、部員たちは学校のグラウンドで厳しい練習に明け暮れた。鈴木俊通(昭33卒)=浜松市富塚町=は「練習は毎日きつかった。合宿では練習時間が長く、合宿が終わると体重が4キロぐらい減ったこともあった」。

 春季大会の雪辱がかかった夏の県大会。浜商は一回戦で藤枝農と対戦する。きつい練習に耐えてきた鈴木が顔をすりむきながらも本塁へ果敢なヘッドスライディングを見せるなど、気迫のプレーで1−0で勝ち好発進。二回戦では優勝候補と見られた名門島田商を3−1で破り、応援の生徒、教諭らを歓喜させた。

 しかし、悪夢は三回戦で待っていた。相手は一回戦不戦勝の後、二回戦では沼津商に6−4で打ち勝った東海大付属。浜商は互角に戦ったが、遊撃手だった鈴木将之(同)=同市市野町=の一塁悪送球など守備の乱れから1−3で惜敗。マネジャーの肥田久(同)=同市鴨江=らは天をあおいだ。「あの悪送球が敗戦の原因です」と鈴木将之。今でも当時の悔しさは消えない。

 それでも前年の選抜甲子園の土を踏んだ浅野喜代次(同)=同市曳馬=は「3年の時はいい成績がなかったが、選抜甲子園などはいい思い出。野球部の練習に早く行けるよう掃除当番を代わってくれたクラスメートにも感謝でいっぱいです」。浜商で厳しさや思いやりを知った鈴木俊通と浅野は地元のノンプロ、河合楽器とヤマハに進みプレーを続けた。

  ▽昭和33年度卒業生=浅野喜代次、尾越康夫、肥田久、相沢康廣、鈴木俊通、鈴木将之、竹内暢夫、白井章雄、市川有一

文中敬称略

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索