トップ > 静岡 > 高校・大学周年特集 > 浜商野球 栄光の80年史 > 記事

ここから本文

浜商野球 栄光の80年史

“短い夏”チームワーク築く 昭和37年

昭和37年当時の部員たち

写真

 浜商は前年の秋季県大会で4強入りを果たし、この年の春季大会西部地区予選決勝では浜松工に17−8と圧勝するなど地力があった。しかし、落とし穴はこんなときこそ待ち受けている。

 浜商の強さにかげりが見えたのが、春季県大会1回戦。浜商はいきなり静岡に0−6の大敗を喫する。

 県民スポーツ祭で春季県大会4強の静岡商を下して優勝し、夏の大会に向けて勢いがついたかに見えたが、他校のレベルは上がっていた。

 夏の県大会1回戦で浜商は掛川西に4−3と辛勝。これが刺激になるかと思われたが、2回戦では周智農に5−4で敗退。予想もしない浜商の早すぎる敗退は浜商関係者だけでなく、県内高校野球ファンを驚かせた。青嶋伸介(昭38卒)=引佐町金指=は「夏の1回戦の苦戦は体調が万全でなかった私の責任。勝ってチームの皆に感謝した直後だけに、2回戦敗退は残念だった」。

 短い夏だったが、中村一成(同)=浜松市布橋=は「戦後最強といわれた先輩たちと練習できたのが誇りだった」。中村盛夫(同)=湖西市鷲津=も「強い先輩たちのおかげで、甲子園や神宮球場などに試合に行けたことが楽しかった」と当時に思いをはせる。

 「ふだんは練習ばかりだったので休みに部員たちと映画や食事に行ったときは楽しかった」と荒川直三(同)=磐田市東新町。中村盛夫も「練習の合間に部室で食事したのがいい思い出」。短い夏であっても気の合うチームメートたちと楽しい時間を過ごした部員たち。そのチームワークは後輩に引き継がれ、この年の秋にできた新チームは秋季県大会で頂点を極める。

文中敬称略

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索