トップ > 静岡 > 高校・大学周年特集 > 浜商野球 栄光の80年史 > 記事

ここから本文

浜商野球 栄光の80年史

猛練習で実力メキメキ 昭和10年―16年

1936年に文丘町の現在地に移転したグラウンド

写真

 石ころグラウンドや部員不足など、さまざまな困難を乗り越えて練習に汗を流す部員たち。昭和10年代に入ると浜松高等工業(現・静大工学部)グラウンドを借りたり、国鉄工機部(現JR浜松工場)などとも対戦するようになった。「野球チームが少ない時代。少しでも多く実戦練習がしたくて、頼み込んで試合をした」と河合庄吉(昭16卒)=浜松市笠井新田町=は振り返る。

 1936(昭和11)年に現在の文丘町に校舎とグラウンドが移転すると、翌年ごろからは有望選手のスカウトも始まった。1930年から40年間にわたって野球部後援会長を務めた武内藤吉が、県西部地区の中学校を回って有望選手を発掘。武内は遠征の旅費や宿泊費などの援助も惜しまず、浜商野球部の草創期を支えた。

 武内の尽力もあって野球部の活動は活発化。山本利治(昭13卒)の記念誌「闘魂」への手記によると、練習試合では当時、県内きっての強豪で甲子園で準決勝などに進んだ島田商などを招いて対戦。コーチに元プロ野球阪急の井野川利春らを迎え強化を図った。

 練習中にノックの打球を何度も顔に浴びた内藤文和(昭15卒)=同市鴨江=は「コーチのノックは怖くて、恐怖心克服に苦労した」と言う。

 文丘町移転を記念し、36年には選抜甲子園優勝の東邦商(現・東邦高)を招いて練習試合。2−3と惜敗したが、浜商野球部の成長は応援に駆けつけた教諭らにも伝わった。

 「練習は厳しかった。きつくて失神すると水をぶっかけられた。そんな猛練習で力をつけ県大会では強豪とされ、蜆塚の合宿所で新聞記者の取材も受けました」。東邦商戦にも出た間渕美雄(同14卒)は「闘魂」で浜商野球部が成長した時代に思いをはせている。

 ▽昭和10年度卒業生=佐山良平、山本勝己、白井治三郎

 ▽11年同=柴田徳一、間渕弘司、渡込国雄、三井只雄

 ▽12年同=鈴木芳男、大野幸夫、宮崎二郎、中村邦夫、武内貞雄、武田吉太郎

 ▽13年同=山本利治、佐山時次、近藤輝太郎

 ▽14年同=間渕美雄、河合真一

 ▽15年同=塩崎久夫、中沢平、畑逸雄、神谷益二郎、内藤文和、松下研一、川村準景

 ▽16年同=河合庄吉、門奈永三郎

文中敬称略

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索