トップ > 静岡 > 高校・大学周年特集 > 浜松西高80周年 西山台に時移り > 記事

ここから本文

浜松西高80周年 西山台に時移り

 県内屈指の伝統校、県立浜松西高校(浜松市西伊場町)は1924(大正13)年4月、全国的に進学熱が高まる中、浜松師範学校内に浜松第二中学校として開校。翌年、市街地の西に丘陵をなす西山台へ移り、歴史を重ねてきました。約2万4千人に達する卒業生は、西山台で学び、校訓「知・仁・勇」を胸に巣立ちました。連載では、西山台での青春と夢を各界で活躍する卒業生や在校生の声を交えながら描きます。

 

最新の記事

 <連載の締めくくりに当たり、学校、同窓会、生徒を代表する皆さんに今後の浜松西高のあるべき姿について聞いた。>  −これからの学校づくりについて  石田邦明校長 西高のキャッチフレーズは二つある。一つは「大地に根を張る骨太の教育」。(2005年3月17日)記事全文へ

 

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索