トップ > 静岡 > 高校・大学周年特集 > 浜松学芸高100周年 > 記事

ここから本文

浜松学芸高100周年 学芸の詩

歴史編 中村夫妻の教育熱 前身は明治 『不如学舎』

明治36年入学の第1回生

写真

 浜松学芸高校のルーツは、明治中期に中村万吉・みつ夫妻が開いた前身の「不如(ふにょ)学舎」にまでさかのぼる。「不惜身命」で教育に尽くした夫妻の足跡は「心の時代」といわれる今世紀の節目に輝きを放つ。

 万吉は明治二年、気賀町(現細江町)に生まれた。家が貧しかったため、下働きをしながら塾で学び、俳人松島十湖の食客となるなど苦学した。一方、みつは同七年、浜松の石工・村石吉太郎の二女として生まれた。幼少のころから気品を兼ね備え、周囲を心服させたという。浜松裁縫伝習所を卒業後、同所で教師をしながら礼儀作法や茶華道をたしなんだ。

 一説によると、二人の出会いの場は村石家。書の得意な万吉は同家の二階に泊まり込み、石碑の碑文を書いた。ここで二人は出会い、相思相愛の仲に。みつの親は「相手が学者では不縁のもと」と反対したが、みつの決心は固く、結局、結婚を許したという。

 明治二十六年、中村夫妻は浜松の有力者らの協力のもと浜松町田(現浜松市田町)の稲荷神社社務所を借りて「不如学舎」を開いた。学舎は寺子屋のような存在。万吉は貧しくて中学に進学できず、商家などで働く男子に補習教育を施し、みつは自活できるほどの裁縫技術を女子に教えた。

 万吉は学舎の成功に満足できず、自ら教育者としての資質を高めたい、と東京高等師範学校(現筑波大)に進んだ。みつも万吉の後を追って上京、東京裁縫女学校(現東京家政大)で学び裁縫科教諭の資格を得た。夫妻の教育熱は浜松でも評判となり帰郷して学校運営に乗り出す際、地元有力者らが協力を惜しまなかったという。

 明治三十五年十月、浜松町利(現浜松市利町)に浜松裁縫女学校を設立、翌月、学校法人として県の認可を得た。みつが初代校長に就任し、授業がスタートしたのは翌年一月八日。苦学の徒・万吉の薫陶を受けた、みつの良妻賢母教育の幕開けだった。

 創立百周年に際し「不如学舎」ストーリーを知った前生徒会長の和久田朋希(3年)は「学校の起源が(中村夫妻の)純粋な教育熱であることに感動し、より学校に愛着がわきました。僕は教師志望ですが、将来ここで教壇に立ちたい」。母校の温故知新に瞳を輝かせた。

(文中敬称略)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索