中日新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 静岡 > 中日レディーズサロン > 一覧 > 記事

ここから本文

【中日レディーズサロン】

第134回 食生活ジャーナリスト 岸 朝子さん 「美味しく食べて健康長寿」

2007年3月16日 朝刊

写真

講演する岸朝子さん=15日午後、浜松市のホテルコンコルド浜松で

 第134回中日レディーズサロン(中日新聞東海本社主催)が3月15日、浜松市のホテルコンコルド浜松で開かれ、食生活ジャーナリストの岸朝子さんが「美味(おい)しく食べて健康長寿」と題して講演した。栄養バランス、朝食の大切さを強調し、「健全な体と心は食べ物から始まる」と呼びかけた。

 料理記者歴五十年以上となった岸さんは、女子栄養学園に進んだきっかけを「ロールバターにのりをかぶせたサンドイッチに魅せられた」と説明した上で、子ども四人を抱えて主婦の友社で働いた当時を「徹夜、出張もあったが、子どもが無事に育ってくれたのは、朝食と弁当をしっかり作り、夕食もメーンディッシュを用意してから出社し、家族の食事を大事にしてきたからと思う」と振り返った。

 昭和二十年代を「胃袋で食べる時代」、三十年代を「舌で食べる時代」、四十年代を「目で食べる時代」、五十年代を「頭で食べる時代」と総括。六十年代は「みんなそろって食べ、ごちそうさまを言う“心で食べる時代”になってほしいと思ったが、実際は、レトルト食品などの“ふくろの時代”になり、食文化が失われてきた」と残念がった。

 さらに「現代は孤食の時代。家族が同じテーブルに座ってそれぞれコンビニ弁当を食べ、一人で食事する子どもも多くなった」と説明。「肥満児も増え、生活習慣病の若年化が進んでいるが、健康はお金に代えられない」と警鐘を鳴らし、栄養バランスや地産地消の大切さを説く食育、スローフード運動を紹介した。

 また、「ダイエット中の女性から、涙が止まらなくなったと言われたが、油を摂取せず、網膜が乾いたから。植物性油にはカロテンをビタミンAに変える作用もあり、一日小さじ四杯程度が必要。ダイエットには、早寝早起き、朝ご飯が最適」と指摘。「おいしいものを食べると心の健康になるが、大人は栄養バランスも考え、子どもに何をどれだけ食べればいいか、教える義務がある」と強調した。


[食生活ジャーナリスト 岸 朝子(きし・あさこ)さん]

東京都出身。女子栄養学園(現・女子栄養大学)卒業。32歳の時主婦の友社に入社、料理記者としてスタートを切る。その後母校の出版部に移り「栄養と料理」の編集長を10年間務める。1979年(株)エディターズを設立、料理、栄養に関する雑誌や書籍を多数企画、編集する。93年よりTV「料理の鉄人」に審査委員として出演、的確な批評と“おいしゅうございます”の言葉が評判になる。

 

この記事を印刷する

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ