トップ  > 静岡 > 東海本社中日社会事業団 > 社会事業団の福祉事業展開

社会事業団東海支部

平成29年度の事業計画

 平成29年度の事業計画は以下の通りです。本部ならびに中日新聞東海本社と緊密な連携をとりながら、静岡県下を対象にして地域に密着したきめの細かい福祉事業を推進します。

社会福祉事業

(1)その他

a.招待事業

 児童養護施設入所者を、スポーツ・文化事業などに招待する。

b.社会福祉事業への助成

 静岡県内の児童養護施設入所児童・生徒によるスポーツの大会を後援し、賞品を提供する。




公益事業

(1)研修会・講演会・講座の開催、支援事業

 障がい者団体・福祉団体が開催する研修会などの諸事業に対し後援や広告協賛を行い、事業を支援する。

(2)社会福祉向上を目的とする事業の実施、支援事業

a.障がい者団体・福祉団体などの行うスポーツの大会や、企業がチャリティーを目的として行う諸事業に対し後援や広告協賛を行い、事業を支援する。

b.その他

・生活保護家庭の中学生と小学校新入学児童に図書カード贈呈

 静岡県西部地区の7市1町で生活保護を受けている家庭の中学生に一人当たり5,000円相当、小学校新入学児童に一人当たり3,000円相当の図書カードを贈呈する。

・第34回中日ボランティア賞

 静岡県内のボランティア活動を推進するために、毎年、各分野で優れた活動を続けるボランティア7団体を表彰し、奨励金を贈呈する。授賞団体は静岡県、同県社会福祉協議会、同県ボランティア協会から推薦を受け選考委員会を経て決定する。  詳細はこちら

・第36回ふるさと知名人チャリティー色紙展

 絵画、書道、芸能、スポーツなど各分野で活躍する静岡県ゆかりの知名人から寄贈を受けた色紙をチャリティー販売し、収益金の半分を静岡県社会福祉協議会へ寄贈、半分を年末助け合い運動資金とする。

・年末助け合い運動

 11月下旬から12月下旬まで、中日新聞東海本社、総・支局、通信局・部の協力を得て展開する。

・中日杯争奪チャリティーゴルフ大会

 3月中旬に開催する。参加者などからの寄付を募る。

・交通遺児に電子辞書贈呈

 浜松市の交通遺児家庭の中学卒業予定者に電子辞書を贈呈する。

(3)災害援護に関する事業

 国内外の大規模な災害(地震、台風、豪雨、大火、火山噴火ほか)に際し、本部と中日新聞東海本社の協力を得て新聞紙上で義援金や救援金を募り、災害対策本部などを通じて被災者や被災施設への支援を行う。

 

この記事を印刷する

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索