中日新聞プラス
中日新聞 chunichi web
文字サイズ
票ナビ
立候補予定者から見る 政策から見る 人となりを見る 9県全体から見る

 このアンケートは、参院選で中部9県(愛知、岐阜、三重、静岡、長野、滋賀、福井、石川、富山)の選挙区に立候補した全49人を対象に行ったものです。

▽アンケートの見方

【立候補者から見る】立候補者の回答を問1から14まで順に見ることができます
【政策から見る】主要な政策について、選挙区内の立候補者同士の意見を比べて見ることができます
【人となりを見る】人となりをあぶり出す質問に、立候補者がどう答えたかを一覧することができます
【9県全体から見る】主な政策について、9県の立候補者がどう回答したかを集計したものです

・選挙区の氏名の並びは届け出順です
・民=民主党、自=自民党、み=みんなの党、共=共産党、社=社民党、ミ=みどりの風、維=日本維新の会、減=減税日本、諸=諸派、無=無所属
・取材に対して回答がない場合は空欄になっています
・立候補者の年齢は投票日現在の満年齢です

・長野・羽田雄一郎さんは問1の回答を、当初の「B:反対。安全性の確認ができない限り、容認できない。地震への対応が十分か疑問 」から「選択肢:無回答。安全性の確認ができない限り、容認できない。地元の同意がなければ難しい」に変更しました。

・長野・吉田博美さんは問5の回答を、当初の「戦争放棄などの文言を変えることについては、さらなる国民的議論が必要だ」から「国の在り方に関わることなので、極めて慎重な議論が必要だ」に変更しました。