トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

名古屋・中村区の民家に白骨遺体 孫の男を遺棄容疑で逮捕

 11日午後8時20分ごろ、名古屋市中村区白子町4の無職中田陽子さん(89)方で、白骨化した遺体があるのを、近くに住む長男(64)が見つけた。中村署は12日、死体遺棄の疑いで、中田さんの孫で無職川村悟容疑者(33)=長崎県小値賀町=を逮捕した。川村容疑者は11日に福岡県内の交番へ「祖母の遺体を遺棄した」と自首していた。

 署によると、司法解剖の結果、遺体の死因は不明で死後2年以上経過しているとみられる。中田さんと連絡が取れておらず、署は遺体は中田さんとみて調べている。

 逮捕容疑は、2016年夏ごろ、同居していた中田さんが死亡したにもかかわらず、17年1月ごろに転居して遺体を放置したとされる。署によると、容疑を認めている。

 長男によると、川村容疑者は中田さんの三男の子で、数年前から中田さんと暮らしていた。長男は「(川村容疑者から)家を出る直前に『おばあちゃんは老人ホームに入れた』と告げられた。どこの施設か聞いても答えてくれなかった」と話した。本人や福岡県警から連絡があり、中田さん宅を訪れたという。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索