トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

研究巡る投稿で杉田水脈議員提訴 大阪大教授ら「名誉毀損」

 ジェンダーや慰安婦問題に関する研究について、ツイッターで「捏造」などと投稿され名誉を傷つけられたとして、大阪大の牟田和恵教授ら女性研究者4人が12日、杉田水脈衆院議員に対し、慰謝料計1100万円と謝罪を求めて京都地裁に提訴した。

 訴状によると、牟田教授らのグループは2014〜17年度、科学研究費補助金(科研費)計1755万円の助成を受け、ジェンダーやフェミニズムを研究。論文47件を発表するなどした。

 杉田氏は、慰安婦問題を扱った論文について、ツイッターで「捏造はダメです。慰安婦問題は女性の人権問題ではありません」などと投稿した。

(共同)

 提訴後、記者会見する大阪大の牟田和恵教授=12日午後、京都市

 提訴後、記者会見する大阪大の牟田和恵教授=12日午後、京都市

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索