トップ > 経済 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

経済

中国の販売、トヨタとホンダ増加 1月、日産とマツダはマイナスに

 【北京共同】日系自動車大手4社の中国市場における1月の新車販売台数が11日、出そろった。トヨタ自動車とホンダが前年同月水準を上回った一方、日産自動車とマツダはマイナスとなった。

 販売台数が最も多かったトヨタは15・3%増の14万7100台だった。主力セダン「カムリ」や高級車ブランド「レクサス」の販売が伸びた。

 ホンダは8・2%増の13万6483台で、1月単月として過去最高を更新した。セダン「アコード」やスポーツタイプ多目的車(SUV)「CR―V」などの主力車種が好調だった。

 日産は0・8%減。マツダは32・7%減。

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索