トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

中央アルプスで滑落相次ぐ 長野の女性ら3人死亡

 長野県の中央アルプスで9日から10日にかけ、登山者の滑落が相次ぎ、3人が死亡した。

 9日午前11時45分ごろ、同県上松町の宝剣岳(2、931メートル)山頂付近で、大阪府茨木市の会社員小谷部明さん(47)が登山道から滑落。県警ヘリが10日午後1時10分ごろ、小谷部さんを発見したが死亡が確認された。

 10日午前8時20分ごろには、同県大桑村の仙涯嶺(2、734メートル)近くで、同県安曇野市の無職西田由香里さん(44)が滑落。県警ヘリが救助したが収容先の病院で死亡が確認された。

 さらに同日午後1時25分ごろには、上松町の宝剣岳付近で、登山中の女性が滑落。山梨県警ヘリが救助したが、収容先で死亡が確認された。木曽署が女性の身元の確認を急いでいる。

 署によると、小谷部さん、身元確認中の女性はいずれも仲間と長野県駒ケ根市の千畳敷カールから入山。西田さんは9日に仲間と大桑村から入山し山小屋で1泊した後、仙涯嶺方面に向かったとみられる。

 署は「中央アルプスの稜線は凍結した場所が多い。技量や経験を過信せず、安全確保を最優先に行動してほしい」としている。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索