トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

プラスチック?が給食の米飯に混入 津島・北名古屋

 愛知県津島市と同県北名古屋市の小学校で21日、学校給食の米飯にプラスチック片とみられる異物が混入していたことが分かった。健康被害はなかったが、津島、北名古屋、同県小牧の3市にある計30の小中学校が22日の給食の米飯提供を取りやめたり、災害用非常食で代用したりした。

 米飯は、県学校給食会の委託を受けた同県豊山町の民間業者が3市へ計1万5千食を納入した。津島市では21日、西小の男性事務職員が食べる前の米飯の中に長さ7ミリほどの白い半透明の異物を発見。北名古屋市でも同日、西春小の6年の男子児童が同様の異物を見つけた。いずれもけがや体調不良を訴えるケースはなかった。小牧市教委によると、同市内では異物混入の報告はなかった。

 県学校給食会は「異物が入っている可能性がある」として、30小中学校への22日の米飯の提供を中止。23日以降はこの業者の安全性が確認できるまで、別の業者に委託し、米飯やパンなどの主食を納入する。給食会の担当者は「原因究明に努めたい」と話している。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索