トップ > 国際 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

国際

カストロ氏、米大統領選出馬へ 民主党主要候補で初表明

 【ワシントン共同】オバマ前米民主党政権で住宅都市開発長官を務めたフリアン・カストロ氏(44)は12日、来年11月の大統領選に立候補すると表明した。トランプ大統領の再選阻止を狙う民主党で主要候補の出馬表明は初めて。バイデン前副大統領(76)や女性のウォーレン上院議員(69)も近く出馬を決断する見通しで、大統領選の動きが本格化してきた。

 若手有望株のカストロ氏は祖母がメキシコ移民のヒスパニック(中南米系)。メキシコ国境に近い地元の米南部テキサス州サンアントニオで演説し「大統領は国境の危機を主張するが、今そこにあるのはリーダーシップの危機だ」と訴えた。

 12日、米テキサス州サンアントニオで演説し、大統領選への立候補を表明するカストロ氏(ゲッティ=共同)

 12日、米テキサス州サンアントニオで演説し、大統領選への立候補を表明するカストロ氏(ゲッティ=共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索