トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

老人ホーム入所者に暴行などの疑いで職員らを書類送検 北名古屋

 愛知県北名古屋市の老人ホーム「アグレにじ北名古屋」で、職員が入所者の男性に暴行や暴言を繰り返していた問題で、県警西枇杷島署は10日、暴行と暴力行為等処罰法違反の疑いで、当時、看護師だった女性ら2人を書類送検した。

 書類送検されたのは、いずれも60代の看護師=退職=と、女性介護福祉士。これまでの調べでは、2人は昨年9月2日、当時90代の男性を介助中に、男性の顔を数回、平手でたたいたとされる。同署によると、2人は容疑を認めている。

 昨年9月に本紙が入手した映像や音声データでは、看護師は、男性の個室で、「死ね」「うるさい」などと暴言も放っていた。

 昨年10月には北名古屋市が、2人の行為を身体的、心理的な虐待と認定し、県に報告。同月末には県が施設を立ち入り調査した。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索