トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

大京アステージ元社員が複数マンションで管理組合費横領 

 マンション管理業最大手「大京アステージ」(本社東京)の元社員が、中部地方の複数のマンション管理組合の管理費を不正に引き出し、横領していたことが、同社などへの取材で分かった。監督権限のある国土交通省中部地方整備局はマンション管理適正化推進法に基づき、同社に来年1月18日から60日間の業務停止命令を出した。処分は12月26日付。

 同社によると、横領していたのは名古屋支店(名古屋市中区)管内で勤務していた元社員。担当していた管理組合が保管する口座から現金を引き出して横領し、口座の印鑑も不正に保管していた。問題発覚後の今年3月、懲戒解雇された。

 各管理組合への弁償は同社が既に済ませ、元社員は横領した全額を同社に返還した。同社は被害の件数や金額を明らかにしていない。刑事告訴を検討している管理組合もある。

 中部地整によると、業務停止となるのは同支店が管轄する愛知、岐阜、三重、静岡の4県で、マンション管理の新規顧客獲得や営業活動が禁止される。現在、同社が4県で担当している600のマンション管理組合の管理は業務停止期間中も継続する。同社は全国に事業所を展開し、ホームページによると9月末時点で7600組合、42万8千戸の管理を請け負っている。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索