トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

本庶氏「いつかがん制御できる」 ノーベル賞講演、免疫療法に期待

 【ストックホルム共同】ノーベル賞授賞式のためスウェーデンを訪れている本庶佑・京都大特別教授は7日午後(日本時間同日夜)、ストックホルムのカロリンスカ研究所で記念講演し、がんの免疫療法がさらに広がり「2020年代か30年代か分からないが、いつかがんを制御できるようになるだろう」と述べた。記念講演は、10日の授賞式を前に行うノーベルウイークの主要行事。

 医学生理学賞を共同受賞するジェームズ・アリソン米テキサス大教授に続き、授賞理由となったがん免疫療法を巡る「獲得免疫の驚くべき幸運」と題して講演した。

 ストックホルムのカロリンスカ研究所での記念講演を終え、笑顔の本庶佑・京都大特別教授=7日(共同)

 ストックホルムのカロリンスカ研究所での記念講演を終え、笑顔の本庶佑・京都大特別教授=7日(共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索