トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

戦争孤児「悲惨さ知って」 日米開戦77年、大阪で集会

 旧日本軍による米ハワイ・真珠湾攻撃から77年となる8日を前に大阪市で6日、「大阪空襲訴訟を伝える会」主催の集会が開かれた。太平洋戦争中の大阪大空襲で家族9人を失い、戦争孤児となった吉田栄子さん(84)が「9人の骨はひとかけらも見つかっていない。戦争の悲惨さを広く知ってもらいたい」と涙ながらに訴えた。

 吉田さんが10歳で大阪府岬町に疎開中、大阪市浪速区の自宅が空襲に遭った。孤児となり、親戚の家を転々とし、いつもおじやおばの顔色をうかがっていた。小さくやせた体で、井戸から水を運ぶなど家事を必死に手伝った記憶が強く残っているという。

(共同)

 「大阪空襲訴訟を伝える会」主催の集会で戦争の悲惨さを語る吉田栄子さん=6日午後、大阪市

 「大阪空襲訴訟を伝える会」主催の集会で戦争の悲惨さを語る吉田栄子さん=6日午後、大阪市

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索