トップ > 国際 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

国際

ドイツ、7日に与党党首選 メルケル氏後継か批判者か

 【ベルリン共同】ドイツ保守与党キリスト教民主同盟(CDU)は7日の党大会で、メルケル首相の後任党首を選ぶ。同氏の後継者と評される党幹事長の女性クランプカレンバウアー氏(56)と、メルケル氏を批判する元党幹部の保守派メルツ氏(63)が接戦を演じている。

 新党首が次期首相になる可能性が高く、「欧州の盟主」と呼ばれたメルケル氏の後任党首の人選は欧州政界にも影響する。メルケル氏は2021年までの首相任期を全うするとしており新党首は同氏と政治権力を二分することになる。

 メルケル氏は00年、党首に就任。この間に進めた寛容な難民政策などリベラル路線の是非が争点となる。

 クランプカレンバウアー氏(左、ロイター=共同)、メルツ氏(ゲッティ=共同)

 クランプカレンバウアー氏(左、ロイター=共同)、メルツ氏(ゲッティ=共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索