トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

被告が起訴内容認める 伊勢の石灯篭落下死亡事故

 三重県伊勢市の伊勢神宮近くの県道で4月、運転していた路線バスを石灯籠に接触させ、落下した石灯籠の上部を男性に当てて死亡させたとして、自動車運転処罰法違反(過失致死)の罪に問われた三重交通社員、山中康久被告(46)の初公判が9日、津地裁であり、被告は起訴内容を認めた。検察側は禁錮2年を求刑し、即日結審した。判決は19日。

 検察側は論告で「車を構造物に衝突させることなく運転するのは当然。注意義務違反の程度は大きい」と指摘。弁護側は「事故時の速度は時速約10キロと低速で悪質な運転ではなかった」と寛大な判決を求めた。

 起訴状などによると、山中被告は4月14日、伊勢市内の県道でバスを停留所に止めようとした際、安全確認を怠り、左側のサイドミラーが石灯籠に接触。石灯籠の上部を同市神田久志本町の無職西沢政信さん(81)の頭に当て、死亡させたとされる。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索