トップ > スポーツ > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

スポーツ

鶴竜が九州場所休場へ 稀勢の里が初めて一人横綱に

 大相撲の西横綱鶴竜(33)=本名マンガラジャラブ・アナンダ、モンゴル出身、井筒部屋=が九州場所(11日初日・福岡国際センター)を全休することが8日、決まった。右足首に不安を抱えており福岡市内の病院で「右距踵関節損傷で約2週間の安静加療を要する見込み」と診断された。師匠の井筒親方(元関脇逆鉾)が明らかにした。東横綱白鵬も右膝痛で全休が決まっており、東横綱稀勢の里が初めて一人横綱を務める。

 鶴竜の休場は7月の名古屋場所以来11度目。年間最多勝争いで大関栃ノ心と並び51勝でトップだったが、初の1位は絶望となった。

(共同)

 横綱鶴竜

 横綱鶴竜

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索