トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

錦三ネットカフェ刺殺、再逮捕へ 制止警官を殺人未遂容疑

 名古屋市中区錦3のインターネットカフェで5月、客の男性が刺殺された事件で、現場に駆け付けた警察官を殺害しようとしたとして、愛知県警は近く、殺人未遂と公務執行妨害容疑で本籍福島県、無職稲田府見洋(ふみひろ)容疑者(22)を再逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材で分かった。名古屋地検は12日、殺人罪などで稲田容疑者を起訴した。

 捜査関係者によると、5月17日夜、カフェで近くのブースにいた銀行員大竹智之さん=当時(35)=を果物ナイフで刺した後、カフェの通報で駆け付けた警察官の頭に向けナイフを振り回し、殺害しようとした疑いが持たれている。けがはなかったが、避けた際、ナイフがかぶっていた帽子に突き刺さったという。

 稲田被告は同日午後8時20分ごろ、大竹さんの頭や首、胸などを果物ナイフで何度も刺したとして殺人未遂容疑で現行犯逮捕され、容疑を殺人に切り替えて送検された。逮捕当初、「むかつくことがあったら、誰でもいいので刺してやろうと思っていた」などと供述。名古屋地検は今月9日まで約4カ月間、精神鑑定を行うために鑑定留置をした結果、刑事責任能力があると判断したとみられる。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索