トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

来年4月28日に開催 高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン

 春の長良川沿いを走る「第9回高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン」が、来年4月28日に岐阜市内で開かれる。中日新聞社などでつくる実行委員会が11日、大会概要を発表した。

 同市出身でシドニー五輪女子マラソンで金メダルを獲得した高橋尚子さんがコースを監修し、大会長となる。長良川競技場を発着点にハーフマラソンと3キロの2種目がある。

 定員はハーフ(参加費7千円)が1万人、3キロ(2千円)が1000人。ハーフのコースは、国際陸上競技連盟が最上位のゴールドに格付けしている。

 今大会のハーフでは、いざというときに人命救助にあたる「ハートサポートランナー」を新たに募集。定員450人で、大会前に救護講習を受ける。高橋さんは「自分たちの周りに安全を確保してくれる人がいる安心感によって、大会の一体感もより大きくなると思います」と話した。

 9回目となったことで、高橋さんの愛称「Qちゃん」にちなんだ記念大会とする。参加ランナーには、思い出に残るグッズを配る。

 申し込みは11月15日正午から、インターネットで先着順に受け付ける。参加費を4千円追加し、環境保護や障がい者スポーツ支援に役立てるチャリティーランナーの申し込みは10月31日から。問い合わせはコールセンター(平日午前10時〜午後5時)=0570(66)6713=へ。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索