トップ > 経済 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

経済

ソフトバンク、2兆円出資か 米共有オフィス運営ベンチャーに

 【ニューヨーク共同】米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は9日、ソフトバンクグループが米共有オフィス運営のベンチャー企業、ウィーワークの株式の過半数取得に向けた協議を行っていると報じた。ソフトバンク傘下のファンドが資金を拠出する見込みで、出資額は150億〜200億ドル(約1兆7千億〜約2兆3千億円)に上るとしている。

 関係者の話として伝えた。ウィーワークは2010年に創業した非上場会社。起業家らが共同で使えるオフィスを貸し出す事業を拡大した。今年、日本にも進出した。ソフトバンクと傘下ファンドは昨年、約44億ドル出資するなどしている。

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索