トップ > 政治 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

政治

東京都、ヘイト規制条例が成立 都道府県で初、五輪前の来年施行

 2020年東京五輪・パラリンピックに向け、ヘイトスピーチを規制し、性的少数者(LGBT)への差別解消を目指す東京都の人権条例が、5日の都議会で賛成多数で可決、成立した。都によると、条例でヘイトスピーチを規制するのは都道府県では初といい、都は19年4月の全面施行を目指す。

 条例は、五輪憲章にうたわれる人権尊重の理念を踏まえたもので、ヘイトスピーチに対しては、知事が基準を設け、公共施設の利用を制限できるとし、実施団体名の公表やネット上の書き込みや動画の削除要請も可能と定めた。

 LGBTについては、不当な差別を禁止する努力規定を設け、基本計画を定めるとした。

(共同)

 ヘイトスピーチを規制し、LGBTへの差別解消を目指す条例が可決、成立した東京都議会=5日午後

 ヘイトスピーチを規制し、LGBTへの差別解消を目指す条例が可決、成立した東京都議会=5日午後

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索