トップ > 経済 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

経済

MRJ開発費2000億円追加投入へ 三菱重工、初号機納入に向け

 三菱重工業(東京)は14日、国産初の小型ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」の開発費として、初号機を納入予定の2020年度に向け、2000億円規模の資金を追加で投入すると明らかにした。開発費はすでに当初想定の4倍の6000億円規模に達している。追加資金により8000億円規模となる可能性を示した。

 三菱関係者によると、追加資金は試験機の製造や改修費、開発を担う技術者たちの人件費などに充てられる。18年度には、そのうち1200億円が投じられる見通し。追加資金の投入を記した三菱重工の最新リポートでは「開発という面では出口が見えつつある」と現状を説明した。

 MRJは座席数が約90席の「MRJ90」の初号機を13年に納入予定だったが、度重なる開発のトラブルで、7年遅れの20年半ばの納入を目指している。開発費の増加などで、開発を担う子会社の三菱航空機(愛知県豊山町)は約1100億円の債務超過で、三菱重工は18年度内に増資をして解消させるとしている。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索