トップ > 経済 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

経済

日本、IWC脱退を警告 総会、商業捕鯨の再開否決

 【フロリアノポリス(ブラジル南部)共同】ブラジルで開かれている国際捕鯨委員会(IWC)総会は14日午前(日本時間14日夜)、閉幕日となる5日目の協議で商業捕鯨の一部再開を盛り込んだ日本の提案を否決した。再開は将来的にも極めて厳しい状況となり、谷合正明農水副大臣は「あらゆる選択肢を精査せざるを得ない」と総会で脱退の可能性に言及しIWCに警告した。現実になれば極めて異例の対応となるが国際社会からはルール軽視との批判を浴びることは避けられない。

 IWC総会は14日午後(同15日未明)閉幕した。

 IWCの総会に臨む日本代表団=14日、ブラジル・フロリアノポリス(共同)

 IWCの総会に臨む日本代表団=14日、ブラジル・フロリアノポリス(共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索