トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

北海道、地震後に宿泊解約が続出 観光業者「いつ客足が戻るのか」

 最大震度7を観測した北海道の地震を受け、道内の観光地では宿泊施設のキャンセルが相次いでいる。業界団体の中には、50万人に上るとの見方もある。かき入れ時である9月の低迷は大きな痛手で、観光業者は「いつ客足が戻るのか」と気をもんでいる。

 函館ホテル旅館協同組合によると、市内の宿泊施設の9月の予約は約8割がキャンセルになった。道路や建物に目立った被害はないが、観光名所の函館山や金森赤レンガ倉庫群も訪れる人は少ない。湯の川温泉の旅館支配人は「温泉も普段通りなので、安心して来てくださいと話しても、キャンセルされる」と嘆く。

(共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索