トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

作業員が設定限度線量超える被ばく 高浜原発3号機

 関西電力は12日、定期検査中の高浜原発3号機(福井県高浜町)の原子炉格納容器内で、協力会社の50代の男性作業員が作業計画の設定限度線量を超える被ばくをしたと発表した。健康への影響はないとしている。

 関電によると、男性は10日午後2時45分から約3時間にわたり、一次冷却水が流れる管の弁の分解点検作業に当たっていた。作業計画では1日当たりの限度被ばく量を0・9ミリシーベルトと設定していたが、男性はこの作業などで1・81ミリシーベルトを被ばくした。空気マスクを着けていたために、線量計の警報音を聞き漏らしていた。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索