トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

バス運転手を在宅起訴 伊勢の石灯籠落下で歩行者死亡

 三重県伊勢市の伊勢神宮近くの県道で4月、路線バスの接触により落下した石灯籠の上部が男性に当たって死亡した事故で、津地検は10日、自動車運転処罰法違反(過失致死)の罪で、バスを運転していた三重交通の男性社員(46)を在宅起訴した。

 起訴状などによると、男性社員は4月14日午前9時55分ごろ、伊勢市内の県道で運転していたバスを停留所に止めようとした際、安全確認を怠り、フロントの左側にあるサイドミラーを石灯籠に接触。灯籠の上部が落下し、同市神田久志本町、無職西沢政信さん(81)の頭に当たり、死亡させたとされる。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索