トップ > スポーツ > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

スポーツ

テニス、セリーナに異例3度警告 全米オープン主催者が経緯説明

 【ニューヨーク共同】テニスの全米オープンの主催者は8日、女子シングルス決勝で大坂なおみ(日清食品)に敗れたセリーナ・ウィリアムズ(米国)が第2セットに警告を3度も受ける異例の事態が起きたことに関し、経緯を説明する声明を発表した。

 警告の1度目は第2ゲーム。主審はS・ウィリアムズのコーチによって試合中に認められていない「コーチング」があったとした。関係者席のコーチは指示を出したと認めたという。

 2度目は3―1で迎えた第5ゲームでラケットを破壊し、罰則として1ポイントが大坂に与えられた。3度目は主審に暴言を吐き、第8ゲームを戦わずに大坂に奪われた。

 女子シングルス決勝で大坂なおみと対戦し、主審に激しく抗議するセリーナ・ウィリアムズ=8日、ニューヨーク(USA TODAY・ロイター=共同)

 女子シングルス決勝で大坂なおみと対戦し、主審に激しく抗議するセリーナ・ウィリアムズ=8日、ニューヨーク(USA TODAY・ロイター=共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索