トップ > スポーツ > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

スポーツ

マッチプレー、今平が決勝へ 池田に1アップで勝つ

 ISPSハンダ・マッチプレー選手権第6日(8日・埼玉県鳩山CC=7115ヤード、パー72)準決勝が行われ、賞金ランキング1位の今平周吾が2016年賞金王の池田勇太に1アップで勝ち、タンヤゴーン・クロンパ(タイ)との決勝に進んだ。

 今平は18番でバーディーを奪って競り勝った。クロンパはラタノン・ワナスリチャン(タイ)を2アンド1で破った。(出場8選手、曇り、気温28・4度、北西の風4・1メートル、観衆686人)

(共同)

 第6日、決勝進出を決めポーズをとる今平周吾(左)とタンヤゴーン・クロンパ=鳩山CC

 第6日、決勝進出を決めポーズをとる今平周吾(左)とタンヤゴーン・クロンパ=鳩山CC

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索