トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

関空、国際線も一部再開 訪日客つなぎ留め期待

 台風21号で浸水などの被害を受けた関西空港で8日、全日空の上海便が離陸し、閉鎖から4日ぶりに国際線の運航が再開した。格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーションの12便と再開第1便を含む全日空の2便が離着陸する。他の航空会社の国際線発着便はなく、全面再開のめどは立っていないが、訪日外国人観光客の受け入れ拠点としてつなぎ留めへの期待がかかる。

 7日に一部再開した国内線と同様に、浸水を免れた第2ターミナルビルとB滑走路を使用する。ピーチが運航再開するのは関空発着のソウル、釜山、台北、香港便と関空発の上海便。全日空は関空発着の上海便。

(共同)

 国際線の運航が一部再開され、関西空港を離陸する全日空の上海便=8日午後0時20分

 国際線の運航が一部再開され、関西空港を離陸する全日空の上海便=8日午後0時20分

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索