トップ > 経済 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

経済

トヨタ、16工場で10日の操業休止 北海道地震影響

 トヨタ自動車は7日、北海道で6日に発生した地震を受け、ダイハツ工業の滋賀、大分工場を除くトヨタグループの16カ所の車両生産工場で10日の操業を休止することを決めた。変速機を生産するトヨタ自動車北海道(北海道苫小牧市)が停電のため操業停止が続いており、部品の供給体制を見極める方針。11日以降の操業は、停電の復旧状況などを踏まえて今後判断する。

 10日に操業を停止するのは、元町工場(愛知県豊田市)などトヨタの4工場のほか、トヨタ車体やトヨタ自動車九州などグループ企業の工場を含む。トヨタの部品工場も、10日は操業を休止する。

 またトヨタの田原工場(同県田原市)や、トヨタ車体の富士松工場(同県刈谷市)と吉原工場(豊田市)、トヨタ九州の宮田工場(福岡県宮若市)で予定していた、8日の休日出勤の稼働も取りやめることを決めた。

 トヨタグループでは他に、車載センサーを生産するデンソー北海道(北海道千歳市)や、変速機の部品などを生産するアイシン精機グループの3カ所の工場で地震発生以降、停電のため稼働を停止しており、再開のめどはたっていない。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索