トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

OMF、小澤さん不在のまま閉幕 92年の開始以来初

 長野県松本市で8月18日から始まった国際音楽祭「セイジ・オザワ松本フェスティバル(OMF)」は7日、県内の小学6年約2700人を招いた最終公演「子どものための音楽会」を最後に閉幕した。

 今回のOMFは、前身の「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」が1992年に始まって以来初めて、総監督を務める世界的指揮者の小澤征爾さん(83)が松本入りしなかった。

 小澤さんは、8月17日に松本に入る予定だったが、腰痛のため断念。その後の診察で、骨粗しょう症による軽度の胸椎圧迫骨折と診断された。

 小澤さんは7日、「松本に行けなくて本当に残念。心はいつも松本にありました。来年は必ず行きます」とのコメントを出した。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索