トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

一酸化炭素中毒か、従業員7人搬送 名古屋の商業施設

 6日午後8時40分ごろ、名古屋市中区錦2の商業施設「ザ・コンダーハウス」の従業員から、「ガスの臭いがして気分が悪い」と119番があった。10〜50代の女性従業員7人が頭痛など体調不良を訴え、病院に搬送された。市消防局によると、7人とも意識はあるが、1人は自力で歩行できなかったという。

 施設は旧名古屋銀行本店ビルで、現在はレストランや結婚式場が入る6階建て。市消防局によると、4階の厨房(ちゅうぼう)にあった給湯器の不完全燃焼による一酸化炭素中毒が原因とみられる。施設内には当時、客と従業員が360人ほどいて、屋外に避難した。

 現場は広小路通沿いの繁華街で、辺りは一時騒然とした。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索