トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

広島対阪神戦を大声で中断 威力業務妨害容疑で男逮捕

 プロ野球広島カープと阪神タイガースの公式戦で大声を張り上げ、試合を一時中断させたとして、広島南署は6日、威力業務妨害の疑いで、岡山県笠岡市笠岡の自営業の男(65)を現行犯逮捕した。

 同署によると、男は当時酒に酔っていたといい、「自分がしたことに間違いない」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は6日午後7時50分ごろ、広島市南区のマツダスタジアムで、試合中に大声を上げ、試合の運営を妨げた疑い。

 試合は広島が3―13で阪神に敗れた。

(共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索